No.7【噛む事の大切さ】

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本を代表するフリースキーヤー、三星マナミさんが、
ダイエットアドバイザーの資格を取得!
彼女が提案する
『自分の身体と向き合って、健康に、美しく、お洒落にダイエットする』
Howtoの連載!

第7回を配信します!

【噛む事の大切さ】

 「1口、1回で、30回噛みましょう♪」

なんてこと、聞いたことありませんか??

 

それは、なぜでしょう・・・身体に良いことがいっぱいだからです♪

前回は細胞に栄養を♪っと、「食事」のアドバイスに入ったわけですが、、、

実は、ただただ【7:2:1】を実行すれば良いってわけではないんです。

もちろん駄目とは言いません。それ自体はバランスの良い食事ですから、間違ってはいません。

でも、どうせならバランス良い食事をしっかり無駄なく身体に取り込みたいじゃないですか☆

ということで【咀嚼(そしゃく)】しっかり噛む!ということが大切になってくるわけです。

食べ物を噛むことで、口の中には唾液の分泌が活発になります。

唾液には消化酵素が含まれていますので、消化を助けてくれますし、
噛み砕いた食べ物は、その後、通過するあらゆる臓器で吸収されやすいのです。

よく噛まなければ、せっかくの栄養分も消化、吸収しきれずに排泄されてしまう・・・
そんなのもったいないですよね!!!

美容には○○が良い!
疲れには○○が良い!などなど・・・

○○の症状に効く食べ物は〜なんてことをよく耳にしますが、

それらがしっかり体内に吸収、消化されるように、

まずはしっかり噛み砕いてあげる事がとても大切です!!

それに、「よく噛まない」→「早食い」となってしまうと

食べ過ぎてしまうことになります。

「人が食事を開始してから満腹感を感じるまでには約20分かかる。」と言われていますので、

ゆっくり時間をかけて食べることが食べすぎを抑えることになるんです☆

それに、「噛む」意識と「噛む」刺激が、脳の食欲中枢を刺激してくれるので、

食事は良く噛んでゆっくり食べることをお勧めします!!

 

さて、そうは言ってもっっ

早食い、噛まない食事法が定着してしまっている〜と言う方

そんな方にお勧めしている食事方法がふたつあります。

1、【箸置き】です☆

一口、食べ物を口に入れたら端を置く方法です。

早食い、噛めない人の特徴として、食べ物を口に運んだ後に「噛む」「味わう」ということを忘れて、

次々に口へ食べ物を運ぶ。何を口に入れるかを考える(迷い箸する)人が多い傾向があります。

食べ物を「噛む」・「味わう」を意識するためにも、一口食べ物を口にいれたら端を置く癖をつけましょう。

 

2、【もぐもぐゲーム】です。

これはお子さんがいらっしゃる方には非常にお勧めしたいです。

まず、【箸置き】をした後に、どちらが“もぐもぐ”し続けられるか──というゲーム。

口の中の食べ物が早くなくなってしまった方が負けになるゲームです。

食卓で1人、これらに挑戦するのはむずかしと思いますが、周りの仲間、家族を巻き込んでやってみて下さい☆

 

健康・ダイエットの道連れ♪
とっても良い道連れだと思いませんか(*^∀^*)??

その他、「食べ物を噛む」ことは、

口の中の洗浄になって虫歯や口臭を防いだり

脳の刺激になって頭をスッキリ、リラックスさせてくれたり、視力低下や病気の予防にもなったり☆

ダイエット効果だけじゃなく、小顔効果もあったりと、本当に良いことがいっぱいなのです!!